2017.09.29

特集イベント

第12回全国凧揚げ大会in見島

見島では、長男が生まれた正月に、親族・知人・友人らが集い、

子供の健やかな成長を願って大凧を作り、揚げる風習があります。

この大凧は「鬼楊子(おにようず)」と呼ばれ、見島固有の風習、

伝統工芸となっています。

この「全国凧揚げ大会in見島」では、前日に畳一枚(顔の部分)の

大きさの鬼ようずを地元、家族一緒に作り、大会当日に高く揚げ祝います。

大空を舞う勇壮な大凧が供の健やかな成長を願います。

 2017年10月14日(土)  前夜祭

      10月15日(日) 凧揚げ大会



アクセス

萩商港より高速船「おにようず」で約70分

おにようずの予約・お問合せは、萩海運 電話0838-25-2040 

連絡先

見島観光協会 電話0838-23-3311 

第12回全国凧揚げ大会in見島

ページの先頭へ